タイで受けたオイルマッサージ

子会社があるタイへ出張で行く機会があり、オイルマッサージを受けて病みつきになりました。オイルマッサージをうかけるときには使うオイルを選ぶことができます。オイルには香りがついていて、自分が心地よいと思えるオイルを選んでみてください。

施術台に寝転ぶ前にシャワーを浴びます。施術台に寝転ぶと、オイルマッサージがスタートします。オイルを背中にかけてもらって、手で伸ばしてもらいながら全身をマッサージしてもらいます。

日本で受ける指圧と異なりツボに指が入り心地よくなるというのではなく、アロマの香りを感じながらリラックスしている体の血行を良くすることで疲労を回復すると考えるといいかと思います。

背中、もも、ふくらはぎとやってもらうと、フライトで数時間同じ姿勢をしていて凝っていた箇所がほぐれてきます。

マッサージショップによってできる場合は、マッサージをする人を二人雇う、フォーハンドができる場合があります。四本の手で施術しますので、限られた時間でも十分に凝りをほぐすことができます。

オイルマッサージはオイルを流すためのシャワーの時間が施術に含まれていますので、出来る限り2時間コースを予約して極上の時間を楽しんでもらえればと思います。

ホームに戻る